音楽を習うなら面白い講師が良い!音楽を習うなら詳しい講師が良い!そんな音楽の講師がたくさんいます!体験レッスンも無料!お気軽にお問合せを!東武伊勢崎線新越谷駅・JR武蔵野線南越谷駅から徒歩5分のMACS大野楽器南越谷店と東武伊勢崎線越谷駅から徒歩5分のMACS大野楽器越谷店。
MACSロゴ
音楽教室南越谷店
音楽教室お問合せ
見学体験レッスン
特別レッスン情報
生徒特典あります!

MMS Key
(MMSキーボード・ピアノ)

MMSって? MMS(MACSミュージックスクール)。大野楽器の音楽教室です。音楽が大好きな個性豊かな講師が多数所属しています。それぞれの講師が独自の経験に基づき、『使える』『上達する』テクニックをフィードバックし、音楽の楽しみ方を熱心に生徒様に伝えています。
MMSキーボード・ピアノ教室南越谷1
MMSキーボード・ピアノ教室南越谷2
MMSキーボード・ピアノ教室南越谷3
  織井 仁
  中学生から年配の方までOK
気軽に鍵盤(ピアノ)を始めてみたい方
  生徒様と講師でスケジュール調整
  \11,880/個人レッスン ※税込
  月2回/60分
  生徒様と講師でスケジュール調整
講師はこんな人! 几帳面さとおおらかさを兼ね備えています。探究心多精。音楽を生活の一部とし、人生の友とし、人間が生きてきた歴史と文化の一つと考えています。私も含め、人間は緊張するものですが、力の抜けた時、その人の能力を最大限に発揮出来ると考えています。
こんなレッスンしています!

popular音楽と、classic musicを違うものとは考えず一貫した視点でとらえます。リズム、和声はジャンルが違っても基本は同じものです。ジャンルが違うと。。。。。

1) チャント弾けないとダメ、間違ったらダメ、では無くて、現状の何処をどうしたらより良く出来るのかを考えて行きます。間違わない演奏が、人が感動させる訳では有りません。間違いが有っても人を感動させる演奏は出来ます。

2) チャプステック、の様に、指二本でも音楽に成ります。ポピュラー音楽は、クラッシクの様に型にはめて考える必要は有りません。

3) monitorは、どの角度で、取るべきか。bandの,ノリ,を良くするmonitorとは。

4) 又、リズム感を良くするために、日々、どのような事に気を付けたら良いか。日本人はリズム感が悪いと言う、通説が、有りますが、同じDNAを持った韓国人、中国人の音楽に、非常に早いWALTZ、八分の六の曲が沢山有ります。同じアジア人の日本人が、遺伝子情報としてリズ感が悪い筈は有りません。後天的、生得的、環境的な問題だと考えて良いと思います。  日々どの様な練習方法でリズム感のレベルを維持出来るか個々人に合ったやり方で考えて行きます。 

5)  鍵盤楽器のband内で発言力は大きいです。bandのリズムがよたっても、テンポがヨタっても、鍵盤がシッカリしていれば、始まった音楽のハーモニーを支え、テンポを維持して軟着陸させる事は出来ます。この様な掟破りの反則技も伝授したいと思います。例えばリズムを*置いてしまう*練習はやってはいけません。*グルーブ*させる練習は何に心がけたら良いでしょうか?

6) keyboardの、音を作る時に、家でheadphoneで作ったものは、bandで演奏すると、あれええ?情けない!と言う事に成りがちです。例えば弾きやすい音が良い音でしょうか? 私の知り合いのpianoの先生は、steinwayは、格闘して終わってしまう。と仰っていました。良い音とはど言うものでしょうか?

生徒さんは一人一人大事にしています!

チャプステッィク、の様に指、二本でも音楽に成ります。簡単なアレンジの曲が有って、予算が一杯取れたら、オーケストラを付けたい。何処をどうやって、オーケストレーションしたら良いか。全く鍵盤に触れたことの無い方には、その方のlevelに合わせて、例えばアレンジを、指二本で弾ける程度まで簡素化する事も可能です。音数が減ったら人は感動しませんか?一杯音を鳴らした人は感動するのでしょうか?
stringsと一口で言っていますが、オーケストラの,弦,は大体の場合、flûte,clarinette等、木管楽器が一緒に動いています。楽器の合わせ方、個々の楽器の役目を踏まえて、音色の合わせ方、楽器の組み合わせ等、考えて行きましょう。
例えば、classicのscoreと見比べると、electric bassの実音(実際鳴っている音 、移調楽器の記譜音に対する言葉)は1octave下です。ダブル ベースと言う言葉は、celloの1オクターブ下をcelloとダブルで進行するので、ダブル ベースなのです。electric bass は音域としてはコントラバスの音域を演奏していると考えて良いと思います。electric bassの方が電気的処理も含めての楽器なので倍音も多いですから、殺風景には感じません。編成を大きくする時、この音域を,celloからviolaの音域を、どうするのか、良いアレンジを書く上で、ポピュラー音楽は、ここに常に一つ課題が有ると考えています。keyboard何台かで、オーケストラのシュミレーションをしてみるのも良いかも知れません。

音楽教室担当コメント 長く現場の仕事をしていた講師です。きめ細かいところまで丁寧に教えてくれて、生徒様の状況・したい事をよく理解してくれて、熱心に指導しています。
※レッスンチャートは一例になります。
 

先ずは、コンニチハ、今晩は!と挨拶から、入ります。

 
  弾くにあたり、生徒様の感じている事、目指している所をお話しして頂きます。その上で、何処をどうしたら、効果的に結果がでるか考えて行きます。
 
  その都度、弾き方に応じた効果的な結果の出る弾き方の方法を考えて行きます。
 
  練習は出来るだけ緻密に、頭で覚えるとよりは体で覚えるツモリで弾いて頂きます。
 
  先ずは楽しみましょう。音楽は貴方の良き友と成るはすです。

 

近隣から来ている生徒様

●越谷市 ●春日部市
●吉川市 ●三郷市
●八潮市 ●松伏町
●草加市 ●川口市
●さいたま市
岩槻区・緑区・浦和区・大宮区

この他にも
所沢、西国分寺、川越、朝霞台、和光市、赤羽、戸田、蕨、武蔵浦和、南浦和、東浦和、浦和美園、東川口、越谷レイクタウン、松原団地、竹ノ塚、西新井、北千住、南流山、新松戸、柏、市川大野、西船橋からもお越しになられています。

音楽教室TOPに戻る
Copyright(C)2007 ohno instruments.All rightreserved